歯周病は横浜歯周病情報センター
歯周病なら横浜歯周病情報センター
当歯科医院について
医院案内
歯周病認定医(専門医)とは?
認定歯科衛生士
国際インプラント学会認定医
歯科医師紹介
歯周病専門医 と 一般の歯科医との違いは?
歯周病はどこで治療する?
オンライン予約
診療相談
当医院へのアクセス
院長略歴
歯周病について
歯周病の検査
歯周病の進行
歯周病の治療
歯周病症例
メインテナンス
動画で見る歯周病
歯周病と口臭
歯周病と喫煙
院内感染情報
歯周病と被せ物
歯周病と医院プラント治療
治療費
歯周病関連情報
歯周病専門分野
 
診療相談
 
オンライン予約
横浜でインプラントなら大船駅北口歯科
 
アクセス
アクセスマップ
アクセスマップ
 
歯周病専門医サイトブログ
 
インプラント歯科医の日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
歯周病は横浜インプラントセンター
〒247-0006
神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1
リーフビル3F
TEL:045-891-3334
info@sugiyama-d.sakura.ne.jp
歯周病 神奈川
歯周病 川崎
歯周病 戸塚
歯周病 藤沢
歯周病 辻堂
歯周病 茅ヶ崎
歯周病 平塚
歯周病 大磯
 
横浜歯周病情報センターTOP当歯科医院について>歯周病専門医 と 一般の歯科医との違いは?
当歯科医院について

歯周病専門医 と 一般の歯科医との違いは?

はじめに

歯周病専門医 と 一般の歯科医師では、歯周病の治療の際に違いはあるのでしょうか?
一般の歯科医院では、歯周病の治療 は行えないのでしょうか?

まず、その答えですが、歯周病専門医 でなくても歯周病の治療 は可能です。
歯周病専門医 でしか 歯周病治療を行えないということはありません。
その理由として、歯周病の治療 には、特別な器具や装置があるわけではないからです。
歯周病の治療は決して特別な装置を必要としません。

しかし、現実問題として、どこの歯科医院でも歯周病の治療 が行えるわけではありません。

非常に軽度の歯周病であれば、ほとんどの歯科医院でも対応は十分可能かと思います。
しかし、中程度から重度歯周病の場合、歯周病の専門医 もしくは、 歯周病治療と得意としている歯科医院 を選択することが必要です。
当医院を受診される患者様の多くは、歯周病 と インプラントです。
それは、当医院が
『日本歯周病学会による歯周病の専門医(認定医)』 と 『国際インプラント学会によるインプラントの認定医』 だからです。
そして、歯周病を主訴として患者様の口腔内を拝見すると
多くの方が、重度歯周病になっているのです。
そして、ほとんど(全てと言ってもいいですが…)の患者様は、
今まで ずーっと歯科医院を受診してきたのです。
今まで、歯科医院にて
『虫歯の治療 や ブリッジ、入れ歯 等の治療は行ってきたが、歯周病の治療や検査は一回も行ったことがない!』
という方が多いのです。
つまり、虫歯の治療やブリッジ、義歯(入れ歯)等の治療は行っているが、
歯周病の治療を行っていない歯科医院が多い ということです。

あなたが通院している歯科医院が歯周病治療を行っているかどうかを判断するには、直接聞いてみることが一番良い方法です。
例えば、
『歯周病の検査をして下さい』とか
『ここの歯科医院では、進行した歯周病の治療は行っていますか?』とか
さらに もっと具体的に なおかつ 確実な方法としては、以下のような質問方法があります。
『歯周病の再生治療(GTR法エムドゲイン法 )は行っていますか?』
という質問です。
歯周病治療をきちんと行っている歯科医院であれば、
GTR法エムドゲイン法 を行っています。
逆に言えば、GTR法 や エムドゲイン法 を行っている歯科医院であれば、十分進行した歯周病に対応できる歯科医院であると考えられます。
この質問が 歯周病を行っている歯科医院かどうかを 判断する重要なことになるかと思います。

歯周病専門医の実力は?

歯周病専門医 と一般開業医との違いを示すデータを解説します。

以下のデータは、1989年に Fleischer という学者が発表した論文です。
論文の内容は、歯周病専門医 と 一般開業医 による 『ルートプレーニング:SRP』 の違いです。

以下の論文を御覧になる前に、『ルートプレーニング:SRP』という治療がお分かりにならない方は、先にこちらをクリックして下さい。
また、『歯周ポケット』がお分かりにならない方も 先にこちら をクリックして下さい。

これで、『ルートプレーニング:SRP』
『歯周ポケット』
がお分かりになったことを前提として解説させていただきます。

以下のグラフの縦線は、『ルートプレーニング:SRP』による歯石の除去率です。
つまり、どれだけ歯石が取れたかということをあらわしています。
歯石除去率100%であれば、歯石が完璧に取れたことをあらわします。

横線は、『歯周ポケット』の深さをあらわします。
歯周病ポケットの深さを 3つに分けています。
つまり、
・歯周ポケットが1〜3ミリの場合(軽度歯周病)、
・歯周ポケットが4〜6ミリの場合(中程度歯周病)、
・歯周ポケットが6ミリ以上の場合(重度歯周病)
の3つに分けて、実際に『ルートプレーニング:SRP』を行った ということです。
同じ条件ももと、
歯周病専門医 と
一般開業医が
『ルートプレーニング:SRP』を行い、どちらがどれだけ、歯石が取れたかどうかを判定する研究です。
ちなみにこのデータは、前歯のみの結果です。


結果として、

歯周ポケットが1〜3ミリの場合には、
歯周病専門医は、96%歯石が取れていました。
一般開業医は、86%の歯石が取れていました。

歯周ポケットが4〜6ミリの場合には、
歯周病専門医は、79%歯石が取れていました。
一般開業医は、66%の歯石が取れていました。

歯周ポケットが6ミリ以上の場合には、
歯周病専門医は、81%歯石が取れていました。
一般開業医は、34%の歯石が取れていました。

この結果から言えることは、
歯周ポケットが比較的浅い症例、つまり、軽度の歯周病であれば、
多少の差はあるが、歯周病専門医一般開業医ともに かなり歯石は取れていました。
しかし、中程度歯周病になれば、その差は大きくなり、
重度歯周病であった場合には、
歯周病専門医一般開業医は かなりできてしまいました。

つまり、一般開業医が行える治療の範囲は、軽度歯周病までであるということです。

 

 

 
 
歯周病は横浜歯周病情報センター
当歯科医院について歯周病について歯周病の検査歯周病の進行歯周病の治療歯周病症例メインテナンス
動画で見る歯周病歯周病と口臭歯周病と喫煙院内感染情報歯周病と被せ物歯周病とインプラント治療治療費
歯周病関連情報歯周病専門分野診療相談オンライン予約プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(C)2009 yokhama sisyuubyoujyouhou centor CO.,LTD Al rights Reserved.a