歯周病は横浜歯周病情報センター
歯周病なら横浜歯周病情報センター
当歯科医院について
歯周病について
歯周病の検査
歯周病の進行
歯周病の治療
歯周病症例
健康な方と歯周病の方の比較写真
歯周病治療の効果
歯周病症例
抜歯した歯(歯周病の歯)を見てみよう!
メインテナンス
動画で見る歯周病
歯周病と口臭
歯周病と喫煙
院内感染情報
歯周病と被せ物
歯周病と医院プラント治療
治療費
歯周病関連情報
歯周病専門分野
 
診療相談
 
オンライン予約
横浜でインプラントなら大船駅北口歯科
 
アクセス
アクセスマップ
アクセスマップ
 
歯周病専門医サイトブログ
 
インプラント歯科医の日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
歯周病は横浜インプラントセンター
〒247-0006
神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1
リーフビル3F
TEL:045-891-3334
info@sugiyama-d.sakura.ne.jp
歯周病 神奈川
歯周病 川崎
歯周病 戸塚
歯周病 藤沢
歯周病 辻堂
歯周病 茅ヶ崎
歯周病 平塚
歯周病 大磯
 
横浜歯周病情報センターTOP歯周病症例>歯周病症例
歯周病症例

歯周病症例


この項では、実際の歯周病の症例(5症例)を見ていただきたいと思います。
ここでは、中程度から重度の歯周病までを掲載しています。
でききるかぎり同年齢の症例を集めてみました。

症例1
    主訴:歯肉から出血がある
    年齢:52歳
    性別:女性
    初診状態:歯肉の腫れ出血が認められた。
           レントゲンからは、高度の骨吸収が認められた。
           セラミック治療をしてあるが、ほとんどがぴったりと
           合っていないため、炎症の原因になっている。
           歯周ポケットの多くは5〜8ミリ程度ある。
    診断:中程度歯周病(広範型 慢性歯周炎)
    治療内容:ルートプレーニング
           不適合な被せ物の再製
初診時のレントゲン写真の黄色線は、もともとの骨の状態の位置です。
赤色線は、吸収してしまった骨の状態の位置です。
骨の吸収が起っているのが分かるかと思います。

症例2
    主訴:歯肉が腫れ、出血がある。歯がグラグラする。審美的に治したい。
    年齢:52歳
    性別:男性
    初診状態:歯肉の腫れ出血退縮、歯の動揺
           レントゲンからは、高度の骨吸収が認められた。
           セラミック治療をしてあるが、ほとんどがぴったりと
           合っていないため、炎症の原因になっている。
           歯と歯の間に隙間が多くあり、審美的にも問題がある。
           歯周ポケットの多くは5〜9ミリ程度ある。
    診断:中程度?重度歯周病(広範型 慢性歯周炎)
    治療内容:ルートプレーニング
    フラップ処置
    不適合な被せ物の再製
初診時のレントゲン写真の黄色線は、もともとの骨の状態の位置です。
赤色線は、吸収してしまった骨の状態の位置です。
骨の吸収が起っているのが分かるかと思います。



症例3
    主訴:歯がグラグラして噛めない。
    他歯科医院でほとんど抜歯と言われた。
    年齢:52歳
    性別:女性
    初診状態:歯肉の腫れ出血退縮膿み、歯の動揺
           レントゲンからは、非常に高度の骨吸収が認められた。
           歯周ポケットの多くは7〜10ミリ程度ある。
    診断:重度歯周病(広範型 慢性歯周炎)
    治療内容:ルートプレーニング
           フラップ処置
           ブリッジによる固定と欠損部の改善
初診時のレントゲン写真の黄色線は、もともとの骨の状態の位置です。
赤色線は、吸収してしまった骨の状態の位置です。
骨吸収は著しく、歯のグラグラ もかなりあります。
全て抜歯と診断されてもおかしくない状態です。(実際に最初の歯科医院では全て抜歯し、義歯にする予定でした)
このまま放置すれば、1年とは保たないでしょう。
こうなると歯周病専門医での治療が必要になります。



症例4
    主訴:歯がグラグラして噛めない。
    年齢:51歳
    性別:女性
    初診状態:歯肉の
腫れ、歯の動揺、歯列不正(歯並びが悪い)
           レントゲンからは、非常に
高度の骨吸収が認められた。
           歯周ポケットの多くは
7〜10ミリ程度ある。
    診断:
重度歯周病(広範型 慢性歯周炎)
    治療内容:ルートプレーニング
    フラップ処置
    矯正治療による 歯並び と 噛み合わせ の改善
骨吸収は著しく、歯のグラグラ もかなりあります。
歯を削らないで、噛み合わせ と 審美的改善 を行う計画になりました。
歯周病専門医 と 矯正専門医 の連携治療が必要になります。





症例5
    主訴:歯がグラグラして噛めない。噛むところがない。
    年齢:55歳
    性別:女性
    初診状態:歯肉の
腫れ、歯の動揺、部分的に歯がない
           歯がないため、歯の移動が起っている。
           レントゲンからは、非常に
高度の骨吸収が認められた。
           歯周ポケットの多くは
7〜10ミリ程度ある。
    診断:
重度歯周病(広範型 慢性歯周炎)
    治療内容:ルートプレーニング
    フラップ処置
    ブリッジ(クロスアーチスプリント法)による改善
骨吸収は著しく、歯のグラグラ もかなりあります。
このようなケースの場合、単に歯周病の治療を行ってもグラグラは改善しないため、噛む力により歯は次第にダメになってしまいます。
このようなケースでは、前歯と奥歯を連結し、固定する方法を行うことにより安静を得る方法を行います。このような方法を
『クロスアーチスプリント法』と言います。
今回の症例では、下顎の奥歯と前歯を連結することにより欠損部位を改善するだけでなく、個々の歯自体の安静を得ることもできます。
歯周病専門医 の治療が必要になります。




 

 

 
 
歯周病は横浜歯周病情報センター
当歯科医院について歯周病について歯周病の検査歯周病の進行歯周病の治療歯周病症例メインテナンス
動画で見る歯周病歯周病と口臭歯周病と喫煙院内感染情報歯周病と被せ物歯周病とインプラント治療治療費
歯周病関連情報歯周病専門分野診療相談オンライン予約プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(C)2009 yokhama sisyuubyoujyouhou centor CO.,LTD Al rights Reserved.a