歯周病は横浜歯周病情報センター
歯周病なら横浜歯周病情報センター
当歯科医院について
歯周病について
歯周病の検査
歯周ポケット検査(歯周病の基本的な検査)
歯周病の検査はどんなことをするの?
歯周病細菌検査と歯周病の成り立ち
動揺度検査
歯周病の進行
歯周病の治療
歯周病症例
メインテナンス
動画で見る歯周病
歯周病と口臭
歯周病と喫煙
院内感染情報
歯周病と被せ物
歯周病と医院プラント治療
治療費
歯周病関連情報
歯周病専門分野
 
診療相談
 
オンライン予約
横浜でインプラントなら大船駅北口歯科
 
アクセス
アクセスマップ
アクセスマップ
 
歯周病専門医サイトブログ
 
インプラント歯科医の日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
基礎から始めるインプラント日記
歯周病は横浜インプラントセンター
〒247-0006
神奈川県横浜市栄区笠間1-5-1
リーフビル3F
TEL:045-891-3334
info@sugiyama-d.sakura.ne.jp
歯周病 神奈川
歯周病 川崎
歯周病 戸塚
歯周病 藤沢
歯周病 辻堂
歯周病 茅ヶ崎
歯周病 平塚
歯周病 大磯
 
横浜歯周病情報センターTOP歯周病の検査>歯周ポケット検査(歯周病の基本的な検査)
歯周病の検査

歯周ポケット検査(歯周病の基本的な検査)

はじめに

歯周病の進行程度を知るために、必ず行うのが『歯周ポケット検査』です。
この検査なしでは、歯周病の進行状態を知ることはできません。
検査方法は簡単なものです。
歯と歯肉の間には、元々わずかな隙間(すきま)が存在します。
この隙間のことを『歯周ポケット』と言います。
健康な方では、この『歯周ポケット』の深さは約1〜2ミリ程度です。 測定方法は、『プローブ』(写真1)と言われる細い器具を 歯周ポケットに入れて計測します。(図1、写真2)

歯周ポケットを計測する部位は、歯の周り6カ所です。

歯磨きがきちんとできないと この歯周ポケットの周囲に汚れ(食べかす)が付着します。
次第にその汚れが 『歯周ポケット』内部に入り込んでしまうのです。
『歯周ポケット』に入り込んだ汚れは 歯ブラシでは取ることができません。
そのため、汚れは どんどんと『歯周ポケット』内部に侵入していきます。
『歯周ポケット』3ミリ程度になると『歯肉炎』と言われる状態になります。
歯肉が炎症を起こしており、歯ブラシにて出血することがあります。
しかし、歯を支えている骨は溶けておらず、歯肉のみの炎症です。
歯ブラシをしっかり行うことと、歯石を除去することで治ります。

さらに汚れは、『歯周ポケット』内部に侵入してきます。
歯周ポケットは約4ミリ程度になってきます。
『軽度の歯周炎』です。 歯肉の炎症が進み、歯を支えている骨の吸収が起こってくる段階です。
この段階であればきちんと治療を行えば、大きな問題にはなりません。
歯肉の下にある歯石を機械的に除去します。

歯周ポケットは約5〜6ミリ程度になってきます。
『中程度の歯周炎』です。 歯を支えている骨もかなり溶け始めてきています。
『歯周病専門の治療』が必要です。
歯周病専門の治療とは、『ルートプレーニング』と言われる治療です。
歯肉が腫れる、出血がある、歯がグラグラする といった症状もでる時期です。

さらに進行すると歯周ポケットは約7ミリ以上になってきます。
『重度の歯周炎』です。
かなり進行した歯周病です。
歯を支えている骨の吸収もだいぶ進んでいます。
場合によっては抜歯となる可能性もあります。
この段階になれば、『歯周病専門医』を受診された方が良いでしょう。
『歯周病の専門の治療』が必要です。
歯周病専門の治療とは、『歯周病外科処置』や、
『GTR法(骨再生治療)』
『エムドゲイン法(骨再生治療)』です。

 
 
歯周病は横浜歯周病情報センター
当歯科医院について歯周病について歯周病の検査歯周病の進行歯周病の治療歯周病症例メインテナンス
動画で見る歯周病歯周病と口臭歯周病と喫煙院内感染情報歯周病と被せ物歯周病とインプラント治療治療費
歯周病関連情報歯周病専門分野診療相談オンライン予約プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright(C)2009 yokhama sisyuubyoujyouhou centor CO.,LTD Al rights Reserved.a