理想の部屋にするならリフォームがお得|業者を利用して住宅を綺麗に

売却希望の物件

紙幣

査定しよう

不動産を売ることを決めたらまずは、不動産会社へ査定の依頼をする必要があります。自分で売ることもできますが多くの方は不動産会社に仲介を依頼します。付き合いのある不動産会社やネットで探した不動産会社に査定の依頼をしましょう。査定する時に用意する書類は、固定資産税の用紙、売る不動産の図面などを用意すると参考になります。査定額が納得したら売りに出します。複数査定依頼することもできますし複数の会社で売ることもできます。早く売るために複数依頼しても良いでしょう。売る手配は不動産会社がしてくれます。売り物件が住宅の場合には、綺麗に掃除することをお勧めします。家の中にあるものは処分して綺麗な状態にしましょう。

売れるまで

売れるまで不動産会社が管理してくれます。鍵を預けておくと見学希望のお客様をご案内もしてくれます。売れると契約をすることになりますがその時は双方が立ち会います。契約を交わし鍵を渡し売買代金を受け取ると売買が終了します。それまでには、売れる努力をする必要があり大変ですが早く売れるように工夫をする方が良いです。最近は、見栄えが良いように住んでいるかのように家具などをセッティングして生活の想像できるようにする工夫もされています。仲介を依頼すると売買契約が成立したら仲介手数料を支払わなければなりません。規定の手数料の計算方法があります。早く売るために値引きやサービスをする方も少なくありません。気持ちの良い契約をするための工夫も必要です。